妊娠17週-初の胎動で大興奮。おねいちゃんを実感した瞬間⁉

出産前

こんにちは、私は二人目妊娠中の主婦です。体調は安定しお腹の赤ちゃんの成長がどんどん実感できるタイミングです。一人目の娘も赤ちゃんを認めてくれて声をかけてくれるようになりました。それでは、妊娠17週の体験談です。

1.妊娠17週-初めて感じた胎動!上の子と一緒に大感動
2.妊娠報告はサプライズ⁉それとも無難に報告?
3.距離が近いとサプライズに気付いてくれない?
4.まとめ

1.妊娠17週-初めて感じた胎動!上の子と一緒に大感動

この週は3週間ぶりの検診でした。赤ちゃんの大きさは98.8mm、といっても頭からお尻までの大きさです。丸まってお腹の中にいたのでこの大きさでしか測れなかったようです。頭をモゾモゾ動かしているのが確認できて、この日も嬉しかったですね。検診料は2000円でした。

子どもと旦那さんも一緒に病院に行ってくれて、内診の様子もチェックしました。上の子が赤ちゃんを認めてくれてから初めての検診でした。モニターに映るのが赤ちゃんだと理解したのか、よく見ていてくれました。もらったエコー写真を見て「これ、あかちゃん?」と聞いてくるようにもなり、私たちにとってはかなりの進歩でした。

それから、検診の次の日です。上の子がお腹に向かって「おはよー」と声かけをしてくれた時、お腹の中でもごもご…と動く感覚が!今回の妊娠での初めての胎動でした。明らかに声に反応して動いていたのを感じて、上の子と一緒に大騒ぎ!(笑)とても嬉しかったです。

経産婦は妊娠18週頃から胎動を感じはじめることが多いようです。17週から感じられた私は、人より少し早くてラッキーです!お腹は大きくなっても、胎動と病院の検診以外で赤ちゃんが元気かどうかを確認できることって普段ないので、胎動がわかるようになると本当にうれしい、以外の何物でもないですね。

妊娠初期は体調も悪いし不安なことばかりで、病院に行くまで赤ちゃんは元気なのか、色々考えてしまうけれど、安定期に入ると気持ちも体調も落ち着くし、胎動もわかるようになることで、安心できる材料が増えるな、ということを改めて感じています。

一人目の妊娠の時友人に、胎動ってどんな感覚なの?と聞かれたことがありました。確かに自分でも不思議な感覚だったので、言葉に表すのが難しかったのですが、その時の私はこう答えていました。「腸の中のガスが動いているような感覚…?」これが精いっぱいの答えでした。

これから胎動を感じることになる皆さん、これを頭の片隅で覚えていてくださると、少しは役に立つかもしれませんね(笑)

2.妊娠報告はサプライズ⁉それとも無難に報告?

突然ですが、ここで両親に妊娠報告をした時のことを書いていきたいと思います。一人目の妊娠発覚した時は、孫を両親に早く抱かせてあげたい、それが一番の親孝行だと思っていました。両親も口には出さなくても、喉から手が出るほど欲しがっているのではと感じていたのです。

なので、安定期に入ることなく母子手帳をもらうのも待たずに、妊娠検査薬で発覚した時点で電話で報告したのです。早く伝えてあげたいというより我慢できずに伝えてしまったのが本音ですね。冷静に後から考えると、サプライズやタイミングを考えてから伝えた方が良かったのかなって思いましたね。

病院で二回目の妊娠がわかってから、どうやってお互いの両親に報告しようか主人と相談していました。めったにない機会ですので、母子手帳は待ちきれないけど、今回こそは病院で心音を確認したタイミングで何かサプライズを交えて報告したいというのが二人の気持ちでした。

もちろん普通に報告しても喜んでくれることではありますが、一生に何度もない機会なので少し記憶に残る報告にしてもいいのかな、面白いな、驚かそうかとニヤニヤしながら考えていましたが、なかなかこれだ!というアイデアが浮かんできませんでした。でもサプライズを考えるのは楽しいですね。

そこまで大げさではなく、いつもと変わらない日常でしれっと報告して驚いてもらいたい、この方向で一致していた私たちは、病院でもらったエコー写真を眺めながら、この写真を使うのが一番いいかな~とどちらからともなくつぶやいていました。

そして出た結論は、エコー写真と動画を使った報告です。これまで私たちは、ネット上のフォトアルバムを使って子どもの写真を共有していたのですが、そこにしれっとこのエコー写真と娘が「お姉ちゃんになります!」と言っている動画を載せておこう、というものでした。

特に何の説明もせず載せた2つのエコー写真&動画。これを見ればすぐに二人目妊娠だとわかってくれるかな、驚いてくれるかな、娘が言っている言葉わかるかな、ニヤニヤしながら連絡がくるのを待っていました。

3.距離が近いとサプライズに気付いてくれない?

するとすぐにお義母さんから連絡が来ました。遠方に住んでいるのでこまめにチェックしていてくれていたみたいです。もちろん喜んでいる様子で、これからが楽しみだね~と言ってくれました。娘の話していた言葉も頑張って聞き取ってくれたみたいで無事伝わりました!

私の両親はというと、何日経っても連絡が来ません。というかその間何度か会っていたのですが全く気付かれません(笑)しびれを切らした私は実家に寄った際、自分から言ってしまいました。「最近フォトアルバム見てる~?」

会っていたのでアルバムをチェックしていなかったようです。その場で確認してくれた母親は歓喜の声!後から来た父親はさらに面白い反応で「え、一人目のときのやつ?」が第一声でした。動画を確認したらさすがにわかってくれたみたいでした(笑)二人とも驚き&喜んでくれて結果、サプライズ大成功!でした。

どちらの両親もとても喜んでくれたみたいで、やってみてとても良かったです。人生でもしかしたら1回しかないかもしれない妊娠報告です、これから報告するみなさんも何か考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

一人目妊娠の際は、タイミングやサプライズを考える余裕がなく、これからの金銭面、時間、仕事等の現実と直面してしまい、サプライズなしで報告したのですが、一人目の子どもが初孫だったのでやっておけばよかったと少し後悔しています。

まとめ

・エコー写真を渡してもらえるのは嬉く、思い出としてアルバムに毎回取っておきますが、写真を見返しても形を見るだけで、大きさをメモに残しておかないと一般の人にはわからないですね。
・先生から体の大きさを伝えてもらって実感しますが、知識があればエコー写真も今までより何倍も楽しくなりますよ。

BPD ー 頭の大きさ
FTA  ー 胎児の胸の部分の断面積
FL  ー 太ももの骨の長さ
EFW ー 胎児のおよその体重

大半の親は孫を喜んでくれます。母子手帳、心音、孫を抱く全てが喜びです。何事も事前準備が大事ですが、何度もないチャンスです。タイミングをはかりながら心音を突然聞かせてあげたり、エコー写真をみせたりサプライズをしてみて下さいね。

もし気付いてくれなくても、何年後か何十年後かに笑い話になるかもしれません。喜びに驚きをかけると感動が倍増するかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました